P2/3 長野県信濃町以外にある一茶の碑147一覧 (2015/12現在)

をクリックしてください。
我朝ハ艸もさくらを咲ニけり 長野 長野市1 城山公園
花の世ハ仏の身さへおや子哉 長野 長野市2 苅萱山西光寺
春風や牛に引かれて善光寺
開帳に逢ふや雀もおや子連
長野 長野市3 中央通り新田町
そば時や月のしなのゝ善光寺 長野 長野市4 中央通り新田町
春風や牛に引かれて善光寺
ぼた餅や地蔵のひざも春の風
長野 長野市5 中央通り新田町
開帳に逢ふや雀もおや子連 長野 長野市6 中央通り新田町
善光寺やかけ念仏で明けの春 長野 長野市7 中央通り錦町
初雪や雪駄ならして善光寺 長野 長野市8 中央通り末広町
善光寺へ行て来た顔や雀の子 長野 長野市9 中央通り末広町
花の世ハ仏の身にも親子哉
蝶とぶやしんらん松も知つた顔
花さくや伊達にくはへし殻ぎせる
長野 長野市10 往生寺
投げ出した足の先なり雲の峰 長野 長野市11 市道県庁大門町線
あの月を取つてくれろと泣く子かな 長野 長野市12 市道県庁大門町線沿
うつくしや障子の穴の天の川 長野 長野市13 市道県庁大門町線
秋風に歩いて逃げる蛍かな 長野 長野市14 市道県庁大門町線
雀らも親子連れにて善光寺 長野 長野市15 市道県庁大門町線
春風や牛に引かれて善光寺
開帳に逢ふや雀も親子連
長野 長野市16 善光寺東公園
雪とけて町一ぱいの子どもかな 長野 長野市17 国道406号沿い
稲妻や一もくさんに善光寺 長野 長野市18 国道406号沿い
散る花や月入る方は西方寺 長野 長野市19 国道406号沿い
 門の木も先つつがなし夕涼   長野  長野市20  豊野村松家 
花散るや此の日は誰が往生寺 長野 長野市21 国道406号沿い
藤棚や引釣るしたる馬の沓 長野 長野市22 大門町東側
行け蛍手のなる方へなる方へ 長野 長野市23 千歳町通り蛍広場
梟よつらくせ直せ春の雨 長野 長野市24 中社 二澤旅館
鬼の寝た穴よ朝から秋の暮 長野 長野市25 荒倉山麓
秋風のふきもへらさず比丘尼石 長野 長野市26 越水高原ロッジ
古松や又あらためていく霞 長野 長野市27 浅野 宝蔵院
秋風やちひさい声のあなかしこ 長野 長野市28 浅野 正見寺
綿ちるや小藪小社小溝まで    長野  長野市29 長沼神社 
門に立つ菊や下戸なら通さじと   長野  長野市30  
半分はあせの玉かよ稲の露    長野 長野市31  
角力とりが経って呉れけり秋の風    長野  長野市32  
 やれ打つな蝿が手をすり足をする   長野  長野市33  
 てもさても福相のぼたんかな    長野 長野市34  
 春風や犬の寝そべるわたし舟   長野  長野市35  
 牛馬も元日顔の山家かな    長野  長野市36  
 啼きながら虫の流るゝ浮木かな   長野  長野市37  
 首たけの水にもそよぐ穂麦哉    長野  長野市38  
天からでもふりたるやうにさくらかな 長野 上田市1 実相院
やせ蛙負けるな一茶ここにあり 長野 上田市2 実相院
古郷に似たる山をかぞへて月見哉 長野 須坂市1 東横町 越統太郎家
精霊の立ちふる廻の月夜かな 長野 小諸市1 信濃仏舎利塔
昼の蚊やだまりこくつてうしろから 長野 小諸市2 高峰高原
五月雨や線香立したばこ盆 長野 小諸市3 高峰高原
萩の末薄がもとの喰祭り 長野 中野市1 大俣 高井大富神社
艸(草)花をよけて座るや勝角力 長野 中野市2 安源寺 小内八幡神社
涼風に吹かれぢからもなかりけり 長野 中野市3 上今井 普賢寺
草花をよけてすわるや勝すもう 長野 中野市4 小内八幡神社
雁鳴やうしろ冷つく斑山 長野 飯山市1 斑尾高原ホテル
我と来て遊べや親のない雀 長野 茅野市1 稲荷神社入口
玉になる欲ハある也門の露 長野 塩尻市1 大門三番町高砂家
有合の山ですますやけふの月 長野 千曲市1 新田 飯島典夫家
有合の山ですますやけふの月 長野 千曲市2 万葉公園
名月や仏のやうに膝をくみ 長野 千曲市3 姨捨SA(上り線)
名月や仏のやうに膝をくみ 長野  千曲市4  姨捨SA(下り線) 
夕過ぎの臼の谺の寒さ哉   長野 東御市1 海野宿資料館
有明や浅間の霧が膳をはふ 長野 軽井沢町1 追分 諏訪神社
芒箸見たばかりでも涼しいぞ * 長野 下諏訪町1 御射山社
野庵も穂屋の御役ニ立けり * 長野 下諏訪町2 御射山社神池
一日の名所也けりお花小屋 * 長野 下諏訪町3 御射山社参道入り口
国中は残らず諏訪の尾花かな 長野 下諏訪町4 秋宮千尋社
甲斐信濃乙鳥のしらぬ里もなし 長野 下諏訪町5 下諏訪駅構内
一番に乙鳥のくぐるちのわかな 長野 下諏訪町6 春宮砥川浮島神社
しなの中皆すハ山の夜露かな 長野 下諏訪町7 御射山社参道上り口
ちぐはぐの芒の箸も祝哉 * 長野 下諏訪町8 御射山社ハイキング道
青ばしのちぐはぐなるも祭り哉 * 長野 下諏訪町9 御射山社ハイキング道
スハ風ニとんぢやくもなき芒哉 * 長野 下諏訪町10 御射山社ハイキング道
あの月をとつてくれろと泣子哉 * 長野 下諏訪町11 下諏訪向陽高校付近
夕不二ニ手をかけて鳴蛙哉 * 長野 下諏訪町12 湖畔 みずべ公園
米負て小唄で渡る氷哉 * 長野 下諏訪町13 湖畔 一ッ浜公園
朝露に浄土参りのけいこ哉 長野 下諏訪町14 来迎寺
湯けぶりや草のはづれの春の雨 * 長野 下諏訪町15 鎌倉街道ロマンの道
穂すすきに諏訪の湖から来る風か * 長野 下諏訪町16 銭神神社
からからと下駄をならして桜哉 * 長野 下諏訪町17 花見新道
花の月のとちんぷんかんのうき世哉 * 長野 下諏訪町18 水月園
又も来よ膝をかさうぞきり ~ す * 長野 下諏訪町19 志まや旅館
八朔や犬の椀にも小豆飯 長野 辰野町1 北小野 矢彦神社
痩せかへるまけるな一茶是れに有 長野 阿智村1 大鹿 信濃文学館
よこ吹や猪首に着なす蒲頭巾    長野  坂城町1  刈谷原ミニパーク
拾れぬ栗の見事よ大きさよ 長野 小布施町1 長野電鉄小布施駅前
痩せがへるまけるな一茶是に有 長野 小布施町2 岩松院
栗拾ひねんねんころり云ながら 長野 小布施町3 岩松院
夕立のまだ晴きらぬ木間より
雫ながらにのぼる月哉
長野 小布施町4 酒井得壽家 (歌碑)
ふり逃て太山がくれの夕立の
雨おし分てのぼる月哉
長野 小布施町5 酒井得壽家 (歌碑)
侍に蝿を追する御馬哉 長野 小布施町6 梅松寺
春の風おまんが布のなりニ吹 長野 小布施町7 おまんヶ布池跡
山寺や畳の上の栗拾ひ 長野 小布施町8 浄光寺
大栗は猿の薬禮と見へにけり 長野 小布施町9 浄光寺薬師堂
市人の大肌脱ぐや春の雪 長野 小布施町10 皇太神社
涼しさは佛の方より降る雨か 長野 小布施町11 押羽 浄照寺
誰にやる栗や地蔵の手のひらに 長野 小布施町12 弘法堂
おち栗や佛も笠をめして立 長野 小布施町13 林 弘法堂
いがごてら都へ出たり丹波栗 長野 小布施町14 小布施駅構内
都でも引はとらぬや丹波栗 長野 小布施町15 親木 小布施町役場
苦の娑婆やさくらが咲ばさいた迚 * 長野 小布施町16 上町 祥雲寺
雨の夜やしかも女の寒念佛 長野 小布施町17 東町公会堂
なむ ~ と口をあけたる蛙かな 長野 小布施町18 横町 竜雲寺
子供らや烏も交る栗拾ひ 長野 小布施町19 栗ガ丘小学校
草原や子にひろはする一つ栗 長野 小布施町20 須高農協小布施支所
からめては栗で埋りし御堀哉 長野 小布施町21 飯田公会堂
西方は善光寺道のひがん哉 長野 小布施町22 北岡 西証寺
けふばかり別の寒さぞ越後山 長野 小布施町23 都住 六川陣屋跡
そば時や月の信濃の善光寺 長野 小布施町24 栗の木美術館(桜井甘精堂)
栗のいがに押し付けられて菊の花 長野 小布施町25 持田家
今年米親という字を拝みけり 長野 小布施町26 碓井米店
大それた花火の音も祭かな 長野 小布施町27 諏訪神社
心の字に水も流れて梅の花 長野 小布施町28 六川・天満宮
 真丸に芝青ませて夕涼   長野 小布施町29  梅松寺
 十五夜や丁どもち込む祈り雨   長野 小布施町30
 
 大日堂
 神前に子供角力や秋の風    長野  小布施町31  六川天満宮
梅が香よ湯の香よさては三日の月 長野 高山村1 牛久保神社
今年米親といふ字をおがみけり 長野 高山村2 天神原
秋風や磁石にあてる故郷山 長野 高山村3 高山中学校
春風に猿もおや子の湯治かな 長野 高山村4 山田温泉大湯前
苦の娑婆やさくらが咲ばさいた迚 長野 高山村5 一茶ゆかりの里
にはの蝶子が這へばとびはへばとぶ 長野 高山村6 一茶ゆかりの里
義仲寺へ急候はつ時雨 長野 高山村7 一茶ゆかりの里
墨染の蝶がとぶ也秋の風 長野 高山村8 一茶ゆかりの里
高井のや只一本の花の雲 長野 高山村9 一茶ゆかりの里
さをしかやえひしてなめるけさの霜 長野 高山村10 一茶ゆかりの里
 酒尽て真の座に付月見哉   長野  高山村11 堀之内ミニパーク 
 身の上の鐘としりつつ夕涼   長野  高山村12  水中・浄教寺 
 出る月よことに男松のいさミ声   長野  高山村13 一茶館駐車場 
坐敷から湯にとび入るやはつ時雨 長野 山ノ内町1 湯田中 よろづや旅館
雪ちるやわき捨てある湯のけぶり 長野 山ノ内町2 湯田中 湯本旅館
子ども等が雪喰ひながら湯治哉 長野 山ノ内町3 湯田中 梅翁寺
三絃のばちで掃きやる霰哉 長野 山ノ内町4 湯田中 鷹の湯
なを暑し今来た山を寝てみれハ 長野 山ノ内町5 湯田中 よろづや別館
夕立の裸湯うめて通りけり 長野 山ノ内町6 湯田中 一茶堂上
松の蝉どこ迄鳴て昼ニなる 長野 山ノ内町7 湯田中 一茶堂
山吹や出湯のけぶりに馴れて咲 長野 山ノ内町8 穂波 元日野屋旅館
雪ちるやわき捨てある湯のけぶり 長野 山ノ内町9 湯田中 白銀屋菓子店
夕月や大肌ぬいでかたつぶり 長野 山ノ内町10 一茶の散歩道(15)
鶯やざぶざぶ雨を浴びて鳴く 長野 山ノ内町11 一茶の散歩道
大仏の鼻から出たる乙鳥哉 長野 山ノ内町12
蝉鳴くや天にひつつく筑摩川  長野 山ノ内町13
湯上りや裸足でもどる雪の上 長野 山ノ内町14
 寝返りをするぞそこのけきりぎりす   長野  山ノ内町15   
 雀の子そこのけそこのけお馬が通る   長野 山ノ内町16   
涼風や力いっぱいきりぎりす    長野 山ノ内町17   
 そば時や月の信濃の善光寺   長野 山ノ内町18  
松と松若い同士や春の雨    長野  山ノ内町19   
 人のためしぐれておはす仏哉   長野  山ノ内町20   
 我と来て遊べや親のない雀   長野  山ノ内町21   
花のかげあかの他人はなかりけり 長野 飯綱町1 古町新井坂
父ありて明ぼの見たし青田原 長野 飯綱町2 四ツ谷 三本松
焚くほどは風がくれたる落葉哉 長野 飯綱町3 福井団地 半藤宣行家



一茶の碑のある長野県の市町村

一茶、信濃での活動の地

文化4年(1807)7月、父の7回忌に帰郷したころから一茶は、信州に戻って俳諧師の活動をしようと考えその準備を始めました。45歳でした。
「一茶社中」と呼ばれる俳諧グループは、長野市長沼。小布施町六川、高山村紫を中心に約80名いました

長野県にある一茶の碑は、信濃町、長野市、小布施町、山ノ内町、高山村など一茶の門人がいた地に数多くあります。

「信濃では月と仏とおらが蕎麦」は一茶の句か?


いかにも一茶の句のようですが、一茶の2万句の記録には、みつからず、一茶の作ではなく明治時代に中村六郎という人が作ったという説が有力です。
レファレンス共同データベース

長野県内の一茶の碑

 順 市町村  数        備考 
1  信濃町 117  1819,1923,1951,1968年の碑が古い。1983年から毎年いくつも建立し、現在の数となった。 
 2 長野市  38
1926年、1937年、1937の碑が各1他は新しく、市道等の道標が多い 
 3 小布施町  31
最も古いものは1976年、[小布施碑の会」の活動で数が増えた。 
4  山ノ内町  14   最も古い碑が1970年。1979年以降たくさん建立された。
5  下諏訪町   14 1985年以降に立てたれたもの。 
6  高山村  13
 
1894年と1921年の碑が古い。 

一茶の二つの俳額

□高井大富神社の俳額(中野市)
一茶、完来、麦太の42句が掲載されています。

□旧天満宮の俳額(高山村)
現存する唯一の現存する一茶直筆の俳額。一茶ゆかりの里・一茶館に展示されています。





お願い

このリストにない碑をご存じの方は、ぜひ連絡をしてください。